五七嗷

日々私たちが過ごしている日常は、実は奇跡の連続なのかもしれない。